中学受験 塾選び 関東(東京など首都圏)での塾比較

中学受験 塾選び・塾比較 決定版!
関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県などの首都圏)で
大手進学塾の合格実績、
各塾の特徴 徹底比較!

中学受験で、塾に通わせる、という選択をしたご家庭では、中学受験の塾選びは、合否に影響する非常に重要な検討事項になります。
なぜなら、塾選びの判断を誤ると、非常に時間と費用が無駄になり、得意に 時間は限られていますから、取り返しがつきません。
また、途中で 別の塾に通いなおす、いわゆる転塾も 非常に費用が無駄になります。
また、せっかく通っていた塾をやめ、まったく別の塾で一から やり直すわけですから、その精神的負担や、
非効率な受験生活を送っている、という気持ちが 転塾後の勉強意欲にも 悪影響を与える可能性もあります。
従って、中学受験の塾選びでは、自分の子供の学力、性格にあった、転塾を余儀なくされない塾選びが とにかく重要です。

中学受験の先輩のご父兄達の 評価、評判を大いに気になるでしょう。

中学受験の塾には、大手塾から、中小の塾まで 様々あります。
大手塾では。学習のカリキュラムがしっかり組まれており、その進捗を支えるテキストも充実しています。
中学受験の出題傾向を調べて、毎年 テキストも改訂されていますので、学習範囲については 安心感もあります。
また 毎週のように 理解度、暗記度、問題解答力をチェックする模擬テストもあるなど、そのカリキュラムに 必死でついていくだけで、
うまくいけば 実力はアップして、志望校への合格可能性を 上げることができます。
しかし、その一方で 自分の学力が見合わない(自分の学力が不十分なのに、難関校への合格実績が1位だというだけで 塾を選んだが、
指導内容を消化できず、やがて 中学受験勉強自体にも 意欲を失う、という受験生の実例も 毎年多くあります。
だったら、よほど 塾なしでチャレンジした方が よかった、となります。

このような塾選びの失敗をしないためには、塾比較をどのように 行ったいいのでしょうか?
比較したときに、お子様のどのような 特性、各ご家庭のどのような方針と照らして、塾を決めたらいいのでしょうか?
最も重要なのは、志望校のレベル と お子様の学力レベルです。
それから、お子様の性別に大きく影響しますが、お子様の性格です。
体育会系の雰囲気が 嫌いじゃないか、そういうのは 苦手か、など

大手塾ごとに それが どんな特徴の中学受験塾か、紹介していきます。

↓  その前に、少しだけ...
関西の難関校の第一志望者、合格者にも 活用が広がっている
「中学受験教材 No.1 の 理科・社会 暗記用教材」
の数か月分が 無料サンプルでもらえちゃう
キャンペーンサイトの ご案内! ↓ ↓

 

難関 「渋谷教育学園 渋谷」(東京都 偏差値 67)合格!
へ動き出した 成績大幅アップの瞬間の実例!

渋谷教育学園 渋谷に合格したAさん日能研テスト(カリテという週次模擬試験)で、本教材活用直後から、 偏差値が約10アップした時の実際の成績表公開の了解を頂いたので、掲載しご紹介します!
(↓ これが 日能研の会員サイトで表示される成績表の一です)
chugakujyuken.jpg

■■■ 塾では 標準クラス を抜けだし、上位の応用クラスに上がれる気配すら無かった
私ですが、
この教材を使用し始めたら 社会、理科で すぐに 急激に 成績が伸び、得意に
なり
、その
好影響で 算数の勉強時間も しっかり 集中してとれるようになり、成績が
上がりました

教材使用前は 偏差値50程度だったのですが、その後は 模擬試験を受ける都度
面白いように偏差値が上がっていき、ついに 第一志望校(偏差値67)に

合格出来ました! この教材に出会わなかったら、絶対に 社会、理科が こんなに成績
アップしなかったし、だから 合格もできていない、というのが 正直な気持ちです。」

chugakujyuken.jpg
■ ■ ■ ■ ■

↓ 以下は、中学受験 塾選び・塾比較のアドバイスなどを、記載しています。 ぜひ参考に ご活用下さい。

中学受験塾の中からの塾選びで、どうしても気になり、無視できない点は、塾費用(塾の月謝)の金額です。これによって、いつから 塾に通うか、小学4年か、小学5年か、小学6年では 遅すぎるのか? 塾の総費用を考えながら、悩むところです。

小4から3年間通った場合の通塾費用は、首都圏の場合、月謝比較し、費用がかかる順から
早稲田アカデミー:260万円
SAPIX:250万円
四谷大塚:230万円
日能研:230万
栄光ゼミナール、市進学園は 200万円前後

学年別の通塾費用は、
SAPIX の場合
小学4年生:合計:55万円
小学5年生:合計:70万円
小学6年生:合計:125万円

日能研 の場合
小学4年生:合計:40万円
小学5年生:合計:75万円
小学6年生:合計:115万円

大手塾であれば、3年間で230万円以上はかかります。
特に 小学6年でかかる費用は、4,5年より、大幅に多額な負担になります。

大手塾といっても、関東と関西では 大きく異なります。

東京を中心とした 首都圏、関東では サピックス(SAPIX)、早稲田アカデミー、日能研、四谷大塚 が 大手の4大中学受験塾として
他を大きく実績でも 引き離しています。
大阪を中心とした関西では 浜学園、日能研、希学園、馬渕教室、能開センター などが、大手塾です。

愛知県など 東海では 名進研、日能研が 2大大手受験塾として と突出しています。

大手塾であれば、どこに通わせても大差が無いかというと 全く違います!
各学校の方針や特徴は 相当違いがあり、これを正しく理解することが、中学受験塾選びを
失敗しないための重要なポイントになります!
これを把握せずに、「近いから」、「お友達の家も通わせているから」、「難関校に最も多く
合格させているから」 などだけで、塾選びを
してしまうと、ミスマッチの場合、学習成果が
出にくかったり、転塾させようか悩むことに なったり、更には勉強が嫌いになってしまう 可能性
など、重大な悪影響が出る可能性があります。

塾へ通わせる期間、費用は 様々あるにせよ、間違った塾選びをしたら、中学受験の失敗に
直結します。

中学受験の塾選びの正解は、誰にとっても共通の正解は、存在しないのが、正直な結論です。
なぜなら、塾選びは、
「現状のお子様の学力」、「お子様の性格」、「塾代の負担、各塾までの通学距離」
と、お子様の学力、性格で ある生徒さんにとってのベストの選択が、他のお子様にとってのベストの選択とは
限らないためです。
ご自身のお子様の学力、性格を見極め、また 今から書きます 各塾の特徴を見比べて、ぜひ納得のいく
中学受験塾の塾選びをして下さい。

では以下に、関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県 などの首都圏)の塾選びについて、詳しく比較した物を紹介します。

中学受験 塾選び 関東(首都圏):

関東(首都圏)の中学受験塾
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県で
大手進学塾の合格実績、
各塾の特徴 徹底比較!

 

↓  その前に、
難関校対策の大手塾でも、利用者急増!
そして 利用者 は確実に 成績アップ!
これまでも 大勢の難関校合格報告を頂いている
「中学受験教材 No.1 の 理科・社会 暗記用教材」
の数か月分が 無料サンプルでもらえちゃう
キャンペーンサイトの ご案内! ↓ ↓

難関 「 豊島岡女子学園 」(東京都 偏差値 69)に合格!
の親子が その突破体験から、
「こうすれば 家庭学習で 大幅成績アップできる!」

お母様より→】■■■ 「小4から3年間 大手塾に通わせるほど 経済的な余裕が
ない中、この教
材を知り、娘に与えた日から、娘の目の輝きが完全に変わりました。
毎日 かけた時間だけ
どんどん社会、理科の暗記が進み、 教材を使用する前には
偏差値45~50で停滞して
いた成績が、教材活用開始直後から、模擬試験の偏差値が 面白いように上がっていき、親子で大興奮しました。
その間 教材を チェックペンと付箋、書きこみで とことん 使いました。そして
豊島岡女子に
合格!
社会、理科の勉強法が確立すると、算数に より注力でき、成績全体が上がります。」chugakujyuken.jpg

 

中学受験塾 関東(首都圏)の候補
サピックス(SAPIX) の特徴、長所・短所

男女とも御三家といわれる最難関校の合格実績をはじめ、この塾以上に 高い合格実績を誇る塾は 東京をはじめとした首都圏、関東には ありません。
では、東京や首都圏での中学受験塾の塾選びは 迷うことないね、とはならないのが 難しさです。
この塾は、極めて頭がいいお子さんを ターゲットに 指導をしているため、そういうお子様には 向くのですが、
そこまで 「うちの子は 御三家を目指せるくらいまで 頭がいい」というお子様ではない場合、
お子様の実力では 対応できないくらい 大量のプリント教材が与えられて、ついていくことができない、
週末の模擬テストの難易度も高く、間違いだらけで、その復讐をしていたら、翌週の勉強が また間に合わない、
などということの繰り返しに陥るのです。
親としては、それを何とか食い止めたい、親として してあげられる解説や勉強の資料の整理を手伝ってあげたい、
などとフォローしていくことが求められ、また 頭がいいお子様の家庭ですら、このフォローが 必要な状況であり、
結果、親の面倒見が 非常に必要な塾なのです。
宿題の量も多く、とにかく 最難関校合格のためなら、親子とも どの努力を惜しまない、という家庭でないと ついていけなくなる スパルタ塾なのです。
ただし、これは できるだけ 難関校に合格させるトレーニングを 徹底的に、早いスピードでやろうとしている(=やってくれている)ことの裏返しです。
良い言い方をすれば、
・他の塾よりも、早く 先の内容に進むスピード感がある
・その分、過去問題対策を早い時期から(夏休みころから)はじめ、日能研のように 秋の後半から、のように
遅くて 志望校対策が 甘いと思われるような課題がない
・定期的な模擬テストによるクラス替えが 頻繁に行われ、競争心を持った、真剣な学習態度を継続させる
ことができる
とも言えます。
だからこそ、サピックスで上位クラスに 必死でしがみつく勉強をしていることが、最難関校への合格に近道に
なる、ということで 頭のいいお子様の家庭では、東京をはじめとした首都圏では、ゆるぎない支持を受けているのです。
しかし、繰り返し 言いますが、そのように頭が良い家庭ではない場合、まったくついていけず、転塾を余儀なくされる
生徒、転塾しなくても 本当は 他の大手塾だったら 身の丈に合って しっかりと実力を磨き、結果的に 見栄で
サピックスに通い続けた場合より よほど上位行に合格できる、という事態を生むのです。
従って。そこまで 受験エリートのご家庭ではない場合は、サピックスの利用は 勧めません。
他の3塾、早稲田アカデミー、日能研、四谷大塚 への入塾を 強くお勧めします。

【↑ 以上、中学受験塾:関東(首都圏)での候補、サピックス(SAPIX)について】

中学受験塾 関東(首都圏)の候補
日能研 の特徴、長所・短所

日能研は中学受験の大手塾の中でも、唯一全国展開をしている、歴史のある大手塾です。
関東では開成中学などの最難関校の合格実績の高さからのサピックス(SAPIX)が、関西では最難関校の灘中学の合格実績の高さから、浜学園に 人気が
最も
集まっていますが、日本最大の規模で、長い中学受験塾の実績を もっとも有しておる中学受験塾が、日能研であることは間違いありません。
その塾では、学生の講師はおらず、全て プロの講師で構成されています。

また、1クラスの生徒数が多めであるため、講師 が 一人一人の生徒にかかわれる確率は、少なくなりがちですが、最上位の難関校から中堅校~下位校に至る
まで、クラスの難易度に応じて、カリキュラムは変わりますが、
サピックスのように、成績上位者以外は 本音では相手にしない、というビジネスライクの割り
切りは薄く、
成績上位の頭のいい生徒に限らず、各レベルの生徒に対しても、少しでも上を目指して、頑張ろうよ、という雰囲気の、間口の広い塾です。
しかし、下位のクラスでは、そこに長く甘んじていることに 危機感を感じないような、甘えを持った生徒も発生させてしまっているところはあります。
日能研の指定バッグ(Nバッグ)をもって、帰り道の駅で 騒いだり、おどけたりしているような子供たちが、
(すべてではないですが、そんな感じの生徒に 見受けられます)
おそらく 日能研に通っていることが 受験生をしている、という心の拠り所になって、向上心を失ってしまっているのだと思います。
少し、下位層に対して きつめのことを書いてしまいましたが、日能研にも しっかりと応用クラスという 成績のいい子の特選クラスがあって、そのクラスの生徒
中心に、
SAPIXや浜学園の、難関校の合格者数にはかないませんが、日能研は それに次ぐ2~3位の合格実績を出しています。

全体的にバランスが良い指導です。
最難関校狙いで、SAPIX、浜学園に興味がある方でなければ、また お子さんが これらの最難関塾では、学力面でついていけず、挫折して、転塾するリスク
が懸念されるようなお子様なら、そして塾選択に迷ったら、日能研を選べば
大失敗は無く、転塾リスクも低い、といえる安心のできる スタンダードな塾です。
逆に言えば、何かに突出して優れている、という特徴はないかもしれませせん。
ただ この塾は、難関上位校にのみ目を向けているのでなく、中堅校志望のお子様にもしっかりと向き合う姿勢のある塾で、結果 中堅校の志望者にも向いている塾
です。

カリキュラムの進度は、他の大手進学塾よりも少し遅めで、4・5年生は基礎レベルを重視した構成になっています。宿題は比較的少なく、同じ問題を何度も
じっくりやらせる傾向があるので、4、5年のうちは大きく落ちこぼれている、という
実感もないかと思います。

6年生になると、進度も早くなり、単元の確認テストも毎週末となり、あわただしくなります。そして、6年生の一学期終了時点で、受験範囲を一通り終え
ます。

日能研は 全国展開をしている塾ですが、全国一律のカリキュラムではなく、関東と 関西では、
難関校対策のカリキュラムに違いがあります。

関西の日能研には、最難関校の灘中学をめざす 「灘特進コース(小4~小6)」という選抜制コースを用意して、合格者数を伸ばして来ており、合格者数も
浜学園に次ぐ2位となっています。

関東の日能研には、このような特別コースはないため、開成など最難関校の合格実績で、最高の実績を誇る SAPIXなどに大きく
差をつけられているのは、これが原因です。この点は 関西では、灘中学対策に特化したコース
があるということで、関東との違いがあります。

関西では、「灘特進コース」があるにしても、他塾と比べて 特に関東で 目立つ特徴は、過去問への取り組み指導時期が遅いことです。

しかも、いざ 入試直前期になってからの、過去問対策指導も、何か 特段の優れたものがあるわけではなく、過去問取り組みの開始が遅いことを
理解させる対策があるわけでもありません。過去問対策をしっかりするには、日能研のスケジュールに期待できないと思い、自分で6年生の夏休み頃から
チャレンジする、のがお勧めです。

最後に改めてですが、首都圏のサピックス(SAPIX)、関西の浜学園では、塾の指導方針が、最難関校に 一人でも多くの合格者を出す、それが 翌年
以降の広告になる、と
最難関校への合格可能性がある層には、手厚い ハードな指導をするが、そうでない中堅校志望者には 、あまり熱を入れた指導はしない、
ということです。

その点、日能研は対応に 上位クラスとの格差が 少ない傾向があるので、浜学園についていけるか 不安なお子様には お勧めです。

ただ、逆を言えば 上位クラスに 必至にくいこまなくても、それぞれのクラスで 自分のレベルにあった指導をしてもらえる、という安心感が 居心地の良さと
なり、成績アップへの貪欲さ薄める可能性がある
こともあります。

結局は お子様の 第一志望校に本気で合格したい、という気持ちが 強ければ、日能研であっても 難関校に合格できる学力アップを図ることができます。

【↑ 以上、中学受験塾:関東(首都圏)での候補、日能研について】

中学受験塾 関東(首都圏)の候補
早稲田アカデミー の特徴、長所・短所

早稲田アカデミー(略称「早稲アカ」)は、合格実績を伸ばしており、首都圏では、日能研より、若干 上回っているのではないでしょうか。
早稲田と塾名につけているからか、イメージに合うように 早稲田の受験対策も熱心で、早稲田の合格実績も高めになっています。
教室数も首都圏には 多くあり、通いやすく、日能研と同様に 首都圏の塾選びの有力な選択肢になります。
また、志望校対策も、日能研とは違って 志望校別対策講座が 熱心で、「NN」と呼ばれる志望校別特訓は、志望校に立地が違い教室で開催されるため、
同じ志望校を目指す同士があつまり、刺激を受け、志望校の出題傾向を調べたうえでの カリキュラムが好評です。

早稲田アカデミーは、四谷大塚が出版する「予習シリーズ」を使って、四谷大塚のカリキュラムに従って授業が進みます。
予習シリーズは、2012年に「予習シリーズ」の大幅な改定の影響によって、授業内容も難易度の高いものになりました。
しかし、難易度が高くなったといっても、SAPIXなどの教材に比べたら、極めて 分かりやすく 過度な難易度アップではありません。
ネット内の評価では、この改定によって「分かりにくくなった」などという評価もありますが、分かりやすさだけを求めていたら、難関校の対策になりません。
この改訂は 妥当な改訂で、特に 教材の質が 悪いものになったとは、思いません。

早稲田アカデミーは「予習シリーズ」を基本テキストとして使用しながらも、そのほかに、早稲田アカデミーで 独自に作成した「Wベーシック」という教材
も使用しています。

「Wベーシック」は、予習シリーズに載せている内容を より取り組みやすく再編集したもので、単元ごとに 予習シリーズと県警させて編集しており、
補助教材として使うには、良い教材です。

「Wベーシック」を主の教材として使用して 授業を行っているクラスもあります。

早稲田アカデミーのクラス分けは、公開テストなどの成績で編成され、各クラスが 比較的少人数 15目程度で構成され、日能研より 1クラスの人数は少ない
です。

保護者とも、定期的な保護者会があるなど、他の大手進学塾より各家庭とのコミュニケーションを重視しています。

早稲田アカデミーで いいのでは思われる方も多いと思います。
そうであれば、決める前に知っておくべきは、早稲田アカデミーの雰囲気の特徴です。

早稲田アカデミーのこの塾の特徴は、体育会系のノリであること。 よく言えば「熱血」、悪く言えば 押しつけがましい体育会系乗り。
元気で体育会系ノリの若い講師が多い。

先生が熱く、体育会系のノリがあるため、殴ったりは もちろんあり得ませんが、どなる ことはあるようです。
熱心さの裏返しに、そういう指導方法も 塾側が よしとしているからであり、塾側も それくらいの展開は、良かれだから、と考えています。

こんな雰囲気なので、男子生徒には 何でもないことでも、女子生徒には、「精神的に負担を感じる」、「雰囲気が 引いてしまう」と、避けられることも
あります。
また、もう一つ、特徴でもありますが、敬遠される要因となるのが、早稲田アカデミーは、大量演習し、大量に宿題を課す塾だということです。
熱血教師が体育会系の雰囲気で、多量の宿題を課して、それを ペースぺーカーとして よしとする、というご家庭はよいのですが、一方で そういう 圧迫感の
中、義務のように言われた宿題に追われることは嫌で、もっと 自分流に勉強を進めたい、というご家庭には、
嫌気がさしてしまう危険もあります。
「宿題をしてこないと先生に叱られる。とにかく やらなきゃ・・・」と負担に感じ、伸び伸びと 自分で自主的に勉強ができず、伸びなやむケースも多くあり
ます。

また、パターン問題を繰り返し演習することも多いため、そういう典型問題はよいのですが、
少し応用問題になると、練習したパターンでない、
とばかりに、途端に回答できなくなる思考に陥らないような意識も必要です。

中学受験の 本番でも、暗記型の知識で ある程度の問題までは対応できますが、難関校になると典型的なパターン問題が減り、思考型の問題が多くなるの、
この思考からの脱却は必要です。

毎週の週の範囲の模擬テストでは得点が取れるのに、模擬テスト的なになると成績が急に下がる、という生徒さんのほとんどが、この 問題意識の低い 大量
演習・思考から 抜け出せていないお子さんです。

そのようなパターンから脱却するには、お子様の学力に対して、一歩 努力して 思考を活用すれば、あと少しで解ける、といった問題に積極的に取り組む
ことが
学力アップにつながります。

「宿題は きっちりやる 塾から見た良い子ちゃんでいることに こだわらず、実力を磨いて、テストで その実力アップを示してやる」という意気込みで取り
組むことが、
上位クラスに近づくことで、合格に近づく道です。

早稲田アカデミーでは、6年生になると、志望校別の日曜特訓の対策講座「NNクラス」が学校別に多く開設され、これらは 問題研究が十分にされた質の
高いテキストで、受講価値の高い講座となっています。

クラス選抜テストで入室合格基準を超えることが受講の条件になるので、これを目指すことが 大きな目標になります。
宿題ばかり優先してやって、実力を磨く努力をしないと、志望校向けの対策講座に参加できない、という状況にもなり得ます。

現在の偏差値は それほど高くないし、正直 御三家を最初から狙える実力は今はないけれど、
自分でも 有名上位行の合格に チャレンジして
みたい、

そのためなら 多少 体育会系の雰囲気でも、気にならない、そんな お子様なら、この塾は お勧めです。

しかし、「その雰囲気は ちょっと..」と思われた方は、そういう雰囲気の癖がない 日能研がお勧めです。

【↑ 以上、中学受験塾:関東(首都圏)での候補、早稲田アカデミー について】

中学受験塾 関東(首都圏)の候補
四谷大塚の特徴、長所・短所

SAPIXには及びませんが、四ツ谷大塚も 有名中学合格者が多い塾になります。
早稲田や豊島岡女子学院などの偏差値が高い 有名難関校の合格率が高く、その他の中学も合格実績を
向上させている傾向があり、有名中学入試に力を入れ
てきている状況です。

また、 「予習シリーズ」というテキストが 非常によくまとめられているため、日本全国に 四谷大塚の採用している四谷大塚 準拠の塾が たくさんあります。
早稲田アカデミーもその一つです。

四谷大塚の準拠塾では四谷大塚と同じ模擬テストを受けるため、受験生の母集団が大きくなり、模擬テストの偏差値評価や合格判定の精度も高くなる傾向が
あります。

テキストの「予習シリーズ」は完成度が非常に高く、以前は中堅~下位層の学力の生徒も、質の高い勉強が出来ました。
特に、理科と社会の予習シリーズは、写真や資料が多く、子どもにとって分かりやすく、参考書として優れた編集がされています。ぜひ フル活用すべきです。

しかし、2012年に予習シリーズが大幅に改訂され、カリキュラムの難易度と進行速度が大幅に上げる変更もしました。
算数の例では、従来のカリキュラムでは2年半かけて進んでいた内容を、改定後のカリキュラムでは2年間で一気に進めていきます。
また、1週間に2単元を学ぶ、その代り 一気に深すぎる範囲までは 掘り下げない、
という従来の進め方を変え、1単元を 幅広く、深く扱う方式にし、全体的
に 進行度合いを速めました。

これはサピックスのカリキュラムの進行の速さのペースを意識した改定です。 この改定の結果、6年を入試問題に向けた より応用的な学習をできる期間を確保できるようにした反面、今までカリキュラムについていきやすかった、という印象でしょうが、
今では 5年生の時点で、授業についていけない、という生徒が多く
発生するようになってきました。
親が、以前の四谷大塚のカリキュラムのイメージで 塾を選んだ学力層のお子様に対して、中身は SAPIXを指向したハイスピードのカリキュラム進行
で進めているため、子供がおいて行かれる、というミスマッチが 増
えてきているのです。
その結果、上位層クラスでなければ、授業の内容を十分に習得することが難しくなっています。
そして、この現象自体も サピックスで起きている
ことと類似ですので、四谷大塚も このような生徒がでること
も承知の上で、しかし ここでサピックス流に 改定をしないと、サピックスとの有名難関校の
合格実績は差が
広がるばかり、それは避けたい と方針転換を決めたのでしょう。
「予習シリーズ」に掲載されている問題も、以前は基本内容をしっかり固めてから、徐々に応用問題に取り組める工夫で編集されていました。
しかし、改定後のテキストでは、基本から徐々に、ではなく、急に応用
問題に ジャンプアップする内容に変わりました。

四谷大塚の授業は、「受牛前に予習」→「授業」→「復習」→「週末のテスト」のサイクルで学習を進めますが、
授業の内容が難しくなったこと、予習シリーズが一気に難易度の高い内容まで含まれるようになったため、生徒自身の理解度では、予習にしくくなったり、
また 内容の難易度化で 復習に時間がかかってしまい、次
の単元の予習が出来なくなっている、という事態です。
四谷大塚の授業は、予習をしてくることを前提に進められるので、この予習ができないと授業内容の理解も不十分になり、結局 週末テストに間に合わず、
消化不良の単元が増える、という状況なのです。

これを打開するために、親による 予習や復習の支援、具体的には 親が予習シリーズのテキストを読み込み、
家庭教師役になるという関与が、より必要になってきています。
(四谷大塚に通わす父兄に求められる対応の SAPIX化の進行です)

そう聞くと、四谷大塚は 親も大変だ、と思うかもしれませんが、これでも サピックスで 一般の学力の子をなんとかおいて行かれないように、親が フォロー
する負担に比べれば、また四谷大塚のほうが、負担が
少なく、子供の成績を伸ばそうと 本気で考えているご家庭なら、日能研でも、早稲田アカデミーでも
親が
勉強内容の指導のサポートをしている、のは 珍しいことではありません。
お子さんの学力、弱点を正確に把握でき、必要な支援を更にすることができる、というメリットもあります。

しかし、親がつきっきり で教え続けていては、お子さんによる予習したり独学で 理解する能力が育たず、
週末の週範囲限定のテストでは そこそこ点数が取れても、5週に1回ある クラス分けのための模擬テスト
では成績が伸びない、という日能研でもありがちな事態に陥ってしまいます。
親のサポートをしつつ、本人が 他人依存になってしまい、自らで深い理解をする努力をさせることも重要です。

以上、色々書きましたが、いざ 通塾先として選ぼうかと思っても、日能研などと比べると、学校数が限られているのがネックです。
塾に電車で時間をかけて遠くまで通う時間は 受験対策上 ロスですから。
たまたま 通いやすい場所に学校があるご家庭は、検討に値します。

【↑ 以上、中学受験塾:関東(首都圏)での候補、四谷大塚について】

【中学受験の塾選び のキーワード集】
これらを 自問自答して、塾選びをしていってください。

また、当サイトの中学受験塾関連の複数の記事に、それぞれ これらのチェックポイントについての
持論、アドバイス も 相当書いております。
ただ、ここで 一問一答のように 回答として書いてしまうと、それは 私達の判断の押し付けになって
しまいますので、ここでは 各論点の抽出に留めてお行きます。
参考にすべき記事は 下記にリンク案内を記載しますので、そちらから リンク先を御参照下さい。

中学受験の塾の有無: 中学受験を塾なしで チャレンジするか、塾に行くか!
塾なしの目的は、塾の授業料の費用負担が重いから
塾の費用、授業料を 受験まで継続して支払うことができるか
それとも 費用がかかっても、家庭教師に頼るため
塾に通わない場合 通信教育、家庭教師か、問題集・参考書を活用しての独学か
中学受験塾 :大手塾+家庭教師併用、大手塾+個別指導併用 は料金が高い?
中学受験塾 :大手塾のかけもち、これは 誤り! 自習時間が取れず、ついて行けないことが明らか。
中学受験塾選び: 塾費用(月謝、授業料)、金額相場は、費用を比較した費用がかかる塾のランキングは?
中学受験塾選び: 塾選びの方法は?塾の説明会に行く、無料テスト、入塾テストを受けて、どのクラス分けに
されるか、先生の説明の対応を見極める
・体験入学、無料体験授業を受ける仕組みはあるか
中学受験塾: 夏休みの夏期講習費用、春期講習費用、冬期講習費用、合宿費用を入れるの総額授業料はいくらに?
中学受験塾: 授業料免除の特待生、授業料免除の対象になるには?
中学受験: 塾選びの選び方、評判・合格実績のランキングは、おすすめは?
中学受験塾: どの塾が良い、どの塾はダメ?
中学受験塾: 良い塾、悪い塾 とは、何を判断基準に?
・コストパフォーマンス: 授業料・月謝の高さ、料金比較に注目?
・指導の体制、一クラスの人数、少人数制か、ランク別のクラス分け、個別指導・マンツーマン指導の有無、
保護者会での面談や講師・先生の面倒見の良さ、授業時間の多さ
・塾の雰囲気、方針、スパルタ・洗脳・過度な激励によるストレスリスク、逆に指導の甘さ、いじめに有無、
友達・生徒同士の人間関係の良さ悪さの評判
・宿題の量、自分のやりたい自宅学習に時間がさけるか、予習重視か、復習重視か
・教材、テキスト、問題集、プリントの質は良いか、
・毎週や月例テスト、公開テスト、模擬テストの問題や解説、フィードバック指導のきめ細かさ
・難関校への合格実績は、難関校の対策講座の有無、質は
中学受験塾: どの学年(何年生)から通う、小学1年生、2年生、3年生の低学年は まだ早い?
小学4年生、5年生、6年生 の 何年生から 通わせたいか、また それぞれの学年で受け入れてくれるか
・いつから(何年生)から 塾を利用するか、通わすか、
・入塾時期を上の学年まで遅らせる場合は、それまでの間 どのような勉強方法を行うのか
・入塾テストは どのような仕組みか
中学受験塾 :通いやすさ、通わせやすさは?
・週何回の授業、塾まで遠い、近い?通塾時間は、生活リズムは 無理はないか、
お迎えは必要か、帰宅時間は夜遅い、お弁当はいる、お弁当なし、
・夕食も塾で取る時間帯まで授業が続くのか、それが週何回か
・授業は週何日、何曜日、土曜日、日曜日は、時間割は
・自習室で 居残り勉強が通常か、帰りはどれくらい夜遅くなるのか
中学受験塾: 本人の性格と塾の雰囲気はあうのか?
・塾は体育会・スパルタ系、それとも 楽しい、アットホーム系
・成績が上がらない生徒、ついて行けない生徒への扱いは
・ついて行けないことで、塾に行かない、行きたくない、通塾を嫌がる、転塾したい、中学受験をやめたい、
などのネガテフィブ事例に陥る事例頻度の評判(口コミ、ネット評判など)は
ネット等で評価されている満足度、本音評価は
・塾の指導方針に不信感、不満を持つ、悪口を言う 父兄のネットへの書き込みの頻度、内容、評価は
・各塾の運営体制・態度への裏話、裏事情で ママ友ネットワークなどで悪い評判はあるか
中学受験塾: 難関校(御三家、開成、麻布、武蔵、早稲田、慶応、桜蔭、女子学院、雙葉、灘)などへの合格実績、
合格率、合格者数は (そのランキングは)
・難関校への合格特訓コース、対策コースは、それで 追加される授業料、学費は
・難関校の受験コースのスパルタ度合いは、人間関係の厳しさ度合い、ライバルのピリピリムードの度合いの
評判は、生徒のストレス度合いは
・一部私立に推薦枠をもっているか
中学受験塾: 難関校以外の中堅校~上位校は どのようなクラス分け、クラス人数、月謝で授業を行っているか
・偏差値40、偏差値50.偏差値60 レベルの生徒には、それぞれ どのように違う難易度、テスト、指導方法
の違いがあるか、下位~中堅校志望の生徒にも、しっかりと面倒見よく指導するか
・成績が上がらない、やる気が起きない生徒に対して、どのようなフォローを行う方針か

中学受験塾 各地方での大手塾、有名塾、話題の塾、身近な塾

関東(首都圏)の中学受験塾
東京都、神奈川県(横浜市など)、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県 の中学受験塾
・SAPIX(サピックス)、四谷大塚、早稲田アカデミー(早稲アカ)、日能研、
ena、栄光ゼミナール、 啓明館、ユリウス、グノーブル、ジーニアス、プレナス、ポラリス
・SAPIX(サピックス)、四谷大塚、早稲田アカデミー(早稲アカ)、日能研、
・東京都:港区、世田谷区、豊島区・池袋・巣鴨、渋谷区、新宿区、品川区、板橋区、江戸川区、中野区、練馬区、
大田区、千代田区・御茶ノ水、吉祥寺、国立市、立川市、八王子市、町田市、調布市、府中市、三鷹市など
・神奈川県:横浜市・青葉台・大船、川崎市・日吉、藤沢市、海老名、大船、二俣川など
・千葉県:浦安市、市川市、船橋市、千葉市、野田市、習志野市、松戸市、柏市など
・埼玉県:さいたま市、大宮市、草加市、川口市、川越市、所沢市、久喜市、越谷市、春日部市 など
関西の中学受験塾
大阪府、兵庫県(神戸市)、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県 などの中学受験塾
・浜学園、希学園、馬渕教室、日能研、能開センター
・大阪市(梅田など)、豊中市、堺市、吹田市、高槻市、
神戸(千里中央など)、尼崎市、姫路市、川西市、西宮市、宝塚市、京都市など

東海の中学受験塾
愛知県(名古屋市)、岐阜県、静岡県(浜松市、富士宮市など)、三重県(鈴鹿市など) などの中学受験塾
・名進研、日能研

九州の中学受験塾
福岡県、鹿児島県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、沖縄県の中学受験塾
中国・四国地方の中学受験塾
広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の中学受験塾
中部地方の中学受験塾
新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、山梨県の中学受験塾
東北地方の中学受験塾
宮城県(仙台市)、福島県、秋田県、山形県、青森県の中学受験塾
北海道の中学受験塾
札幌市、函館市などの中学受験塾

↓ 各リンクメニュークリックして、詳しい情報をGET!

 

 

【中学受験 塾選び・塾比較】

【中学受験 塾選び・塾比較 塾費用・塾代比較】

【中学受験 塾選び・塾比較(関東) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(首都圏) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(東京都) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(神奈川県(横浜市など)) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(埼玉県) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(千葉県) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(関西) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(大阪府) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(兵庫県(神戸市など)) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(京都府) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(奈良県) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(東海) 】

【中学受験 塾選び・塾比較(愛知県(名古屋市など) 】

【中学受験 関東 塾選び・塾比較  ①SAPIX・サピックス】

【中学受験 関東 塾選び・塾比較 ②日能研 】

【中学受験 関東 塾選び・塾比較 ③四谷大塚 】

【中学受験 関東 塾選び・塾比較 ④早稲田アカデミー 】

【中学受験 関西 塾選び・塾比較 ①浜学園 】

【中学受験 関西 塾選び・塾比較 ②希学園 】

【中学受験 関西 塾選び・塾比較 ③日能研 】

【中学受験 関西 塾選び・塾比較 ④馬渕教室 】

【中学受験 東海 塾選び・塾比較 ①名進研 】

【中学受験 東海 塾選び・塾比較 ②日能研 】

 

中学受験塾(首都圏・関西)の候補の各塾が出している
参考書・問題集

【四谷大塚 予習シリーズ】

自宅学習で中学受験の合格を目指す小学生には定番の教科書としての位置づけで知られています。

・四谷大塚 予習シリーズ 理科6年

【四谷大塚 四科のまとめ】

受験で出題可能性のある重要事項、各科目 1冊にまとめた教材。
・四谷大塚 四科のまとめ 理科

【評価】
「予習シリーズ」例えば 理科、社会は、分かりやすく 丁寧に書かれていますが、3学年☓半期ごと2冊
=計6冊 に分かれており、受験に向けて暗記の追い上げをするには まとまりがなく、
また「四科のまとめ」は ダイジェスト版すぎて、これだけでは 難関校向けの得点アップには 暗記すべき
事項が足りない、というのが、正直な実態です。
これに比較して、「JYUNETまとめノート教材」は、難関校対策レベルまで 網羅した内容で、詳しく
分かりやすく、暗記しやすい構成で書かれており、やはり 理科、社会の暗記学習用教材は、「JYUNET
まとめノート教材」が 断トツに優れている、というのが正直な感想です。

【中学受験 難関校合格者も勧める 学習教材 実績No.1 「JYUNET まとめノート教材 】へは、こちらをクリック

【日能研 メモリーチェック】

中学受験の定番中の定番の教材であり、日能研の数多くある教材の中でも最も評価が高いのが、この教材で
あり、筆者もこの教材での勉強は必須であり、これをやらないことは中学受験対策上、不利、とまで考える。
それくらい定番なのが、この教材。
各分野の要点のまとめを左ページ、チェック問題を右ページとする見開き単位で構成。入試に頻出の要点を
確かめながら、チェック問題を時、弱点を把握し、暗記し直せば、受験に向けた暗記の総仕上げができ、
これを繰り返すことで 更に効果が増します。
〔長所・短所、利用提案〕
中学受験対策で、理科、社会の暗記ポイントの全般を暗記をチェックするには最も評価の高い教材であるか、
これを覚えるための暗記用まとめノートとしては、左ページのまとめだけでは全く貧弱で、内容不足。暗記
するために必要な理解を助ける解説記載も不足しているし、各用語のつながり、体系的なまとめもされていない。
日能研 メモリーチェックが評価されているのは、あくまでも右ページのチェック問題が、網羅的にポイントを
得てまとめられているためである。
では、暗記用まとめノートの役割は、どこに求めればいいかというと、それがまさに 「JYUNETまとめ
ノート教材」であり、この教材は 日能研 メモリーチェックの出題ポイントを完全にカバーし、体系的な暗記
教材に盛り込んでいる。
従って、
JYUNETまとめノート教材」にチェックペンを引き
→ チェックシートで暗記
→ 「日能研 メモリーチェック」を解く
→ 間違った問題個所は、「JYUNETまとめノート教材」に要暗記箇所として印をつけ、再度 重点的に
暗記し直す、
というのが最も効果的で、得点力がアップする勉強方法
です。
また、暗記ポイントも、メモリーチェックの箇所だけで 十分というわけではなく、その点でも メモリーチェック
の問題となっている箇所は頻出の重要ポイントとして 全て 要暗記箇所(チェックペンを引く箇所)としつつも、
それ以外の重要ポイントも網羅して、要暗記箇所として明示している「JYUNETまとめノート教材」こそが、
最も暗記用教材として優れていると評価される理由です。
なお、「JYUNETまとめノート教材」⇒メモリーチェックの活用、こそ 小学4年生から 行うことができる
勉強であり、予習シリーズの4年生版から社会を勉強するようなことがないように(なぜなら、受験では出題され
ない内容がほとんど)勉強で使用する教材は 考慮が必要です。

・日能研 メモリーチェック 理科

【サピックス コアプラス】

この問題集は、日能研のメモリーチェックと同様、中学受験における理科、社会の暗記項目のチェック問題集
ですが、日能研メモリーチェックより 難易度の高い志望校向け(偏差値55程度以上)の暗記の完成度をチェック
したい、というニーズにあっています。
問題自体に、難関校向け対策と言える、発展的なテーマや 他の中学受験参考書で扱っていない高難易度の問題、
設問が多くみられるためです。
〔長所・短所、利用提案〕
中学受験対策で、「日能研 メモリーチェック」の暗記が進んだ後、難関校対策に暗記の知識レベルをさらに
上げたい、理科、社会の偏差値をあと5は上げたい、そんな風に思っている受験生が取り組むと良い問題集です。
ただし、載っている応用問題の解法や、よりハイレベルな範囲の暗記などのインプット教材なく、いきなり
チャレンジしても、解けずに解答のみを暗記する、という状態が続くと、意欲的に取り組み続けることが難しく
なる可能性もあります。そのため、JYUNETまとめノート教材では、このコアプラス対策もまとめ教材の対象
に思い切り含めており、この教材でしっかり理解、暗記してからコアプラスにチャレンジし、しっかり正解を
取ろうとすることで、コアプラスの内容もより 習得しやすくなります。
ただし、メモリーチェックは小4からの活用を推奨しましたが、コアプラスは 、いくらJYUNETまとめノート
教材がその範囲をカバーしていると言っても、小5以降での取り組みをお勧めします。

・サピックス コアプラス 理科

【日能研 ウイニングステップ】

メモリーチェックで実績のある日能研が、小4~小6まで学年別に無理なく勉強したい、というニーズに対応した
問題集で、支持が高い。

・日能研 ウイニングステップ 小学6年 理科

【↓ 中学受験塾 以外の出版する学習教材】

【受験研究社 自由自在シリーズ】

多色刷りを多用し、見やすい編集で、内容を網羅しているので、自宅学習で中学受験にチャレンジしようと考える
方が購入されるかもしれませんが、これは正直言って、中学受験対策向けではありません。参考書として網羅的に
載っていても、結局 どこが受験の出題可能性が高いので、覚えればいいのか、といった現実的な受験対策用のめり
はりのある編集がされていないためです。

・受験研究社 小学高学年 理科 自由自在:
基礎からできる有名中学入試対策

・受験研究社 小学3・4年 理科 自由自在:
基礎からできる有名中学入試準備

【文英堂 最高水準問題集】

偏差値が55以上の中学の対策に向いており、その偏差値以下の中学への合格可能性を上げたい場合で、時間も
限られている場合は、この問題集に手を出さず、「日能研 メモリーチェック」を確実に全て覚えきる、ことの
ほうが有効です。
というのも この問題集は、ある分野で 弱い所がないか チェックする、時に難問にも対応できるか、チェック
する、という目的にはあっていますが、各分野の各暗記項目を、もれなく網羅的にチェックする、という網羅性
には メモリーチェックなどに比べると重きを置いていないため、正答率が高い問題を落とさない、という中堅校の
合否に影響する対策には、最も有効とは言えないためです。

・文英堂 (難関中学に合格できる力がつく!)
中学入試 最高水準問題集 理科

【学研 中学入試の最重要問題】

受験に向けて「問題集の難易度レベルを上げる」ことより、「これまで学習し、暗記した範囲の学習レベルの内容
で、確実に点を取りに行く」ことを優先することが合格確率を上げることだと判断した方、また 偏差値50前後
以下を志望校とする受験生に向いている問題集です。
偏差値55以上の学校も第一志望としており、日能研のメモリーチェックの後 → コアプラスや最高水準問題集
にも進んで見たが、やがて「ここまで専門的な問題が出るか?」となった時、そういう問題は やらない、という
懸命な判断も必要な受験生もいると思います。ではその時に、第2志望校、中堅校の受験対策で出題頻度が高い
問題をこなして、その学校の合格可能性をあげたい、などという場合の選択肢の1つです。

・学研 中学入試の最重要問題 理科

【学研 丸まる要点ノート】

各単元ごとに、見開き1ページに、赤い暗記用シートがついていてこれで即 暗記チェックができるる「要点まとめ」
とチェック問題、入試問題まで入っている暗記用要点ノート+問題集です。一見、表紙や、(失礼ながら)学研の
イメージから、難易度が低い内容が浅いのでは、という印象を持つが、受験の最重要ポイントを バランスよく
選んで編集されている。

分かりやすいバランスの良い編集ではあるが、その分 難易度の高い内容は省かれており、難関校向きではなく、
偏差値45~50未満の、中堅校受験を目指す受験生にウィークポイントが無いかをチェックするために適して
いる。

・学研 丸まる要点ノート理科 国立・私立中学受験

【文英堂 塾で教える~】

日能研、サピックス、早稲田アカデミーの通塾生の多くは、本書に対して「ずいぶん マニアックなテクニックや、
テクニック集にこだわるあまり、問題や教材のテーマが 周辺により過ぎており、王道の内容ではないな...。
いったい どこの塾が教える内容だというんだろう...。うちの塾では、無いな..」
ある意味 本当に「塾で教える」内容 そのままの教材は、四谷大塚の予習シリーズであり、その王道の範囲を 塾
でも教えないレベルで 暗記ノウハウをまとめ上げているのが「JYUNETまとめノート教材」である。そんな中、
「文英堂 塾で教える~」のこの教材は 「予習シリーズ」との違いを打ち出し、「おお!こんなテクニックが載って
いるなら買ったほうが良さそうだ」と思わせ、購入させるところまでに主眼を置いており、一体 どこまでの受験生
がこれをやり切っているか、あるいは やり切って実力が伸びたと実感を持てた受験生がいるのか、いささか
疑問である。

・文英堂 塾で教える理科

【文英堂 受験の裏ワザテクニック】

算数や理科で 偏差値が伸び悩み、特に 算数の文章題、理科の物理など、暗記知識だけでは得点アップできない、
解法テクニック、解法パターンを手に入れたい、分かりやすくまとまった教材を見たい、という時に見たくなる
裏技テクニック教材。他の参考書とは異色で、網羅的に全範囲カバーするというより、ポイント的に強い所を伸ばす、
又は弱い所を補強したい、という時に活用する教材です。
興味のある箇所だけつまんで 活用する、のが 効率的な利用方法です。

・文英堂 受験理科の裏ワザテクニック
(有名中学合格への近道)

 

各リンクメニュークリックして、詳しい情報をGET

中学受験TOPページ: 塾代100~150万円削減!→偏差値大幅アップの中学受験 最強暗記教材紹介

中学受験 社会の最強の暗記法・覚え方! 偏差値 10~20大幅アップを実現する 最強勉強方法 大公開

中学受験 理科の最強の暗記法・覚え方!偏差値 10~20大幅アップを実現する 最強勉強方法 大公開

中学受験 社会で おすすめ教材(参考書・問題集・一問一答)

中学受験 理科で おすすめ教材(参考書・問題集・一問一答)

中学受験 社会 動画授業・動画配信・動画アプリ教材

中学受験 理科 動画授業・動画配信・動画アプリ教材

中学受験 塾選び・塾比較 【徹底ガイド】

中学受験 塾費用・塾代 比較

中学受験 塾 東京都の徹底比較、間違えない塾選び

中学受験塾 SAPIX(サピックス)の評判、長所・短所

中学受験塾 日能研 の評判、長所・短所

中学受験 塾 関西の徹底比較、間違えない塾選び

中学受験塾 浜学園 の評判、長所・短所

 

 

 

 

 

上の各メニューなど このサイト全体から、以下の詳しい情報を提供中!(各ページ へのリンクをクリックし ご覧下さい)
↓ 各リンクメニュークリックして、詳しい情報をGET!

 

【中学受験 教材 】

【中学受験 おすすめ教材 】

【中学受験 参考書 】

【中学受験 問題集 】

【中学受験 まとめノート・まとめ教材 】

【中学受験 暗記教材 】

【中学受験 勉強方法 】

【中学受験 暗記方法 】

【中学受験 覚え方 】

【中学受験 理科 暗記教材】

【中学受験 社会 暗記教材】

【中学受験 理科 暗記方法】

【中学受験 社会 暗記方法】

【中学受験 理科 覚え方】

【中学受験 社会 覚え方】

【中学受験 理科 教材 】

【中学受験 社会 教材 】

【中学受験 理科 まとめノート・まとめ教材 】

【中学受験 社会 まとめノート・まとめ教材 】

【中学受験 理科 参考書 】

【中学受験 社会 参考書 】

【中学受験 理科 問題集 】

【中学受験 社会 問題集 】

【中学受験 理科 勉強方法 】

【中学受験 社会 勉強方法 】

中学受験 理科 動画授業・動画配信・動画アプリ教材】

中学受験 社会 動画授業・動画配信・動画アプリ教材】

中学受験社会、中学受験理科の既存の暗記教材(暗記カード、語呂合わせ教材、 動画映像DVD、ipadアプリ・映像ソフト教材、youtubeの暗記語呂合わせ歌動画、インターネット教材、ビデオ教材、漫画(マンガ)教材)と本教材での勉強法・教え方の違い
・中学受験社会、中学受験理科の市販のおすすめ問題集・テキスト・参考書・用語集、まとサブノート教材(サピックスのコアプラス、日能研のメモリーチェック、四谷大塚の予習シリーズ・四科のまとめ、学研の要点まとめノート など)の評価・活用方法
・中学受験社会、中学受験理科の基礎固め(4年生~5年生)→総合問題対策
→ 難関校の過去問レベル・応用入試問題レベルまでより短時間で正解できるようにする追い込み(6年生)の家庭学習方法
・中学受験社会、中学受験理科でよくでる頻出問題・一問一答 ・選択問題・正誤問題~ ハイレベルな難問過去問(計算問題・記述問題)まで、様々な傾向の問題を克服する網羅した独学でも大幅成績アップ・偏差値アップ可能な自宅学習方法
・中学受験社会、中学受験理科の難関校(渋谷教育学園 渋谷、豊島岡女子学園、灘、開成 )の合格者も本暗記教材を活用して偏差値アップを実現

【特に 中学受験 社会対策に関して】
・社会の暗記・理解に必須な 体系的で暗記しやすい分かりやすいまとめ、覚えやすく忘れにく 数々の語呂合わせ、様々な切り口の問題でも正解できるようなに 多岐の問題に回答できる体系的なまとめ整理が、本教材では 数多く されている。
その単元テーマは
【中学受験社会:地理分野の内容・単元一覧】
・日本地理を全国地方別(北海道地方、東北地方、中部地方、関東地方、近畿地方・中国四国地方、九州地方)に日本地図の白地図上に きわめて場所を分かりやすく、自然の名前・位置、各産業の有名な地域 を記載
→自然(山脈・山地・高原・台地、川・湖、平野・盆地、湾・半島、海)
→農林水産業(農業、水産業(漁業)、畜産業の特産の農産物・農作物・水産物・畜産品)
→工業(工業地帯・工業都市・工業製品・伝統工芸品)と資源
→その他 特筆すべき事項(世界遺産、新幹線などの交通網など)
・日本全国の各都道府県の特徴の情報の地理問題まとめ
→各農産物、水産物、畜産物、鉱業資源 などの生産の上位都道府県をグラフ問題や統計でまとめ、これを暗記しやすいように語呂合わせも作成し、紹介
・日本の各地域の気候の特徴、気温や降水量などの雨温図とセットで分かりやすく体系整理
・中学受験の出題可能性の高い地域の世界地理、それら世界各国との輸出入の貿易内容、グラフ・資料のまとめ
・人口の分布、時差の求め方

【中学受験社会:歴史分野の内容・単元一覧】
・日本史の政権の移り変わりの流れ
→ 日本史の各時代(縄文時代、弥生時代、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、~(戦国時代)~、安土桃山時代、江戸時代、明治時代、大正時代、昭和時代、平成時代)、全て 流れを中断なく、歴史の流れに沿って分かりやすく 体系的にまとめ。
・政権の移り変わりだけでなく、政治の仕組みの変化をまとめた政治史、各時代の産業・文化を(写真とともに)まとめた産業史、文化史 など、各ジャンルごとに 分かりやすくまとめ
・中学受験の出題範囲に限って、世界史も 日本史のいつの時代と同時代か、分かりやすく関連付けて まとめ


【中学受験社会:公民分野の内容・単元一覧】

・日本国憲法のポイント、中学受験での頻出問題の重要ポイント
・三権分立(内閣、国会、裁判)や政治の仕組みのまとめ
・円高、世界経済、時事問題 など

【特に 中学受験 理科対策に関して】
・理解の暗記・理解に必須な 本質原理・根本ルールを、様々な応用問題でも正解できるような ルールのまとめ、それを 活用する例題が 本教材では 数多く まとめ上げられている。
その単元テーマは
【中学受験理科:物理分野の内容・単元一覧】
・豆電球、電池を直列、並列につないだ場合の電流、電圧、抵抗の求め方、オームの法則
・てこ(てこの原理)、てんびんのつりあい、 ばねばかりなどの力学の問題
→ てこの棒の重さも考慮する応用問題も含めて
・輪軸や滑車(動滑車・定滑車)、歯車の問題
・物体に働く浮力の問題
・振り子の問題
・音の速さ や 弦を張る条件と音の高さの問題
・音と光の性質の比較
・光の進み方(鏡の含んだ場合)、光の進路の作図、凸レンズ、ろうそくの見え方、光の屈折の問題
→ピンホールカメラ などの応用テーマの問題も含めて

・地震波の特徴・進み方・速度の計算問題
・物体の運動、高い所から動く物体の衝突する力の問題
・ニクロム線での発熱量・カロリー計算の問題
・電磁石の磁石の触れる向き(様々な複雑なケースも含めて)の問題
【中学受験理科:化学分野の内容・単元一覧】
・中和反応、酸・アルカリ、酸化還元反応

・物体の性質、密度の算定、ものの溶け方、水溶液の性質、
・気体の性質(酸素、水素、二酸化炭素)の発生のさせ方、
・水溶液の濃度、水溶液の性質(覚え方)、溶解度、再結晶の問題
・物体の燃焼、酸化、炎の性質、蒸し焼き
・顕微鏡、化学実験器具の使用方法のポイント など

【中学受験理科:生物・地学分野の内容・単元一覧】

・植物の分類・花のつくり、昆虫の分類、動物の分類など様々な暗記問題の暗記の覚え方のポイント、語呂合わせ
・植物の発芽条件~植物の光合成・呼吸を組み合わせた応用問題など
・メダカなど魚の飼育ポイント~魚の泳ぎの特性などの応用知識事項など
・微生物、プランクトン、食物連鎖の問題
・人の体(心臓と中心とした血液の循環、肺を中心とした呼吸、消化器系の暗記の仕方・語呂合わせなど覚え方のコツ)、人の誕生などの問題
・天体の動き(地球から見た太陽の動き・南中高度、夏至・冬至など、月の動き、月と太陽の位置関係、星座の動き)の問題
・日食、月食の特徴比較、メカニズムの問題
・天気、気象、雲の種類の問題
・地層、岩石の種類の問題   など