中学受験 国語 5年

 

中学受験 国語5年の勉強方法
 おすすめ参考書・問題集

【中学受験 多額の塾代をかけなくても、上位校に合格できる本音の情報 】へは、こちらをクリック

【中学受験 難関校合格者も勧める 学習教材 実績No.1は? 】へは、こちらをクリック

chugakujyuken.jpg

chugakujyuken.jpgchugakujyuken.jpg

———————————————————————————-

以下は、大手塾(四谷大塚、早稲田アカデミーなど)の学年別のカリキュラム概要です。

4年:説明文、物語・小説、意見文、詩

5年:説明文、物語・小説、論説文、随筆文、詩、短歌・俳句

6年:説明文、物語・小説、論説文、随筆文、詩、短歌・俳句

と各学年で扱う文章の種類は、同様なもので、「各学年で少しずつ それを深く掘り下げる通称「らせん型のカリキュラム」となっており、その復習を含め、少しずつ、という繰り返し学習により、学力を無理なく深めていく、という狙い」
ということで、類似分野の内容を、各学年で行います。
しかし、社会、理科では、これに関して、関連分野はまとめて一気通貫して勉強すべき、と書きましたが、国語、算数に関しては そのような効率性優先で短期間に学力を伸ばせるほど、簡単ではなく、このような「らせん型のカリキュラム」の意義を認めます。
つまり、国語と算数についてが、3年間、又は 2年間 しっかりと通塾する、又は 自宅学習でも、「四谷大塚 予習シリーズ」などの学年別編集の問題集に沿って 期間をかけて勉強することが、重要と考えます。
では、各学年別に 何をやればよいを 小4~小6と学年別に詳しく見たい方は、以下のリンクをクリックして下さい。

【 小学4年の国語 の勉強方法 】へは、こちらをクリック

【 小学5年の国語 の勉強方法 】へは、こちらをクリック

【 小学6年の国語 の勉強方法 】へは、こちらをクリック

また、以下には、国語の主な市販の参考書、問題集の概要紹介、長所・短所、利用方法の提案を記載しています。
本音の解説をしておりますので、各教材の出版社には一切の気遣いゼロで記載しています。また いずれの出版社とも利害関係ゼロですので、特定の背景で、ある教材を実態以上にほめる、実態以上に批判する、ということはせず、本音で記載していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【四谷大塚 予習シリーズ】

〔概要〕
中学入試対策、特に自宅学習で中学受験の合格を目指す小学生には定番の教科書としての位置づけで知られています。
算数は、すべての問題に「詳細な解説」を載せてあり、自宅学習では、考え方や解き方につまずきやすいものですが、その解説により、理解しやすく家庭学習の助けになります。
国語では、入試問題では対策が欠かせない「記述式」問題への対応を各学年版とも織り込んでおり、これも自宅学習で国語の受験対策をするには、助かります。
理科・社会は、カラー写真やカラー図版が多く取り入れられており、非常に見やすい編集がされています。
また、算・国・理・社の各科目の各分野が、各学年で少しずつ重複させ、「前の学年での復習+本学年での新しい掘り下げ」という通称「らせん型のカリキュラム」となっており、その復習を含め、少しずつ、という繰り返し学習により、学力を無理なく深めていく、という狙いで学年別テキストで編集されています。
〔長所・短所〕
四谷大塚、と言いながら 大手塾の早稲田アカデミーのテキストとしても採用されており、しかも 大手塾のテキストながら、それが市販されている、という特異なテキストです。
あなたが、もし小4~小6まで 他の大手塾(日能研、サピックス、など)にしっかり通塾させるのであれば、本教材を購入してはいけません。あなたが通塾している塾のテキスト、問題集と利用目的が重複し、その両方を活用しようとすることは限られた時間の中で、極めて非効率的で、両方に手を出すことは全く得策ではないからです。
では、中学受験塾に通塾していない、又は 塾費用を抑えるために、小5~小6は通塾しないが、小4~小5から中学受験対策を始めたい、という方、まさに そういう方が購入し、フル活用すべき教材です。特に 算数、国語については、各学年版を購入し、しっかりと小4から遅れを取らないように利用してください。
ただし、理科、社会については、自宅学習生でも、購入に関してはお勧めしていません。というのも、概要に書いた「らせん型のカリキュラム」の編集に沿った学習は 極めて理科、社会については非効率だからです。
関連分野が2~3年間のテキストに分かれてしまい、その分野の基礎知識~標準・高難易度の問題対策 まで 一気通貫で関連性を意識して勉強したほうが、理解が興味が深まり、暗記・理解するうえでも絶対に効率的です。
これは 塾が3年間の理科、社会の授業料を継続して得るために構築している詭弁で、「らせん型のカリキュラム」と称して、もっともらしくしているだけです。
例えば 小4の社会では 今と昔の洗濯の道具の違い、など「昔は手洗い→二槽式洗濯機→一槽式洗濯機 」など、いかにも小学4年生の学校での社会科勉強的なことを覚えても、中学受験の出題には、全く関係ありません。
理科は少し違い 小4の生物の勉強なども受験に出うる範囲がありますので、小4の生物の勉強など、バカにできません。
ですが、少しずつの小出しのぶつ切り編集が、受験対策としては非効率と言わざるをえません。
中学受検が迫ってきたときに、小4上下巻、小5上下巻、小6上下巻の6冊を全て見返して、覚えなおすなど、現実的ではない問題が起きます。
〔利用提案〕
・大手塾 小4からの通塾生 →購入不要
・大手塾に後半まで通わない、又は 全く通わない自宅学習での受験生
→ 算数、国語は購入し、フル活用すべき。
理科、社会は、受験対応には 一気通貫の勉強をすべきで、  それに最適な まとめ暗記ノート教材 が、「JYUNET まとめノート教材」であり、それを活用し、後に紹介する「日能研 メモリーチェック」「学研 丸まる要点ノート」を小4、小5から理解度・暗記度チェックとして行い、小6から更に難易度が高い「サピックス コアプラス」「文英堂 最高水準問題集」をやるべき。
ただ、学習の進め方の中心軸としないながらも、各テーマの参考書として辞書的に理解の助けにしたい、このページのカラー写真を多用したまとめは、理解・暗記に役立つなどのことで有効な活用目的を分かったうえで、小5、小6版のみ買う、などの利用の仕方も、ありではある。(他の参考書を買うくらいなら、予習シリーズのほうが、お勧め)

・四谷大塚 予習シリーズ 国語5年

【四谷大塚 四科のまとめ】

〔概要〕
受験で出題可能性のある重要事項をまとめた入試対策の暗記教材です。予習シリーズと同じ四谷大塚が出版していることから、上に書いたように 予習シリーズでは、各単元が各学年のテキストに散っているために、これを一気通貫でまとめた暗記教材が結局は必要になる、ということ四谷大塚自身も認識していることを表しています。
〔長所・短所〕
この「四科のまとめ」を小学6年の秋以降にやろうとしても、意外とボリュームがあり、受験までに何周もやろうとしたら、
これだけをやることになってしまう、もっと ダイジェスト版はないのか、と言った評価も聞かれます。
これが、この教材 というか、中学受験に向けた 理科、社会の勉強方法の課題の本質なのです。
各塾のテキストを使って 小4~小6の1学期まで 全範囲勉強→小6の2学期より全範囲まとめ・復習勉強を強化したくなり、四谷大塚の「四科のまとめ」へのニーズが生じる。
→しかし、受験対応であるため、ある程度のボリュームになり、それを初めて触れる本として読みこみ始めていくと、大切な受験の直前期としては、暗記すべき教材が発散します。メモリーチェック、コアプラスなどを活用した問題練習による暗記度チェック・アウトプットトレーニングにに移らなければいけない時期なのに、引き続き暗記というインプット教材の対応が長引き、結果 重大な受験での解答力アップが未達に終わる、各科目の実力アップをバランス良く行う対策が時間不足で、失敗に終わるリスクが生じる、という課題です。
〔利用提案〕
従って、理科・社会は、貴重な小学6年の夏以降に、この教材を新たに手を出して、これを全ページやり切る、そのためには 1日何ページずつやらないと追わらない、というように 学習の中心に据え、利用し始めることに 非常なリスクを感じます。
小学6年の夏以降の大切な時間が限られていく時期に、理科、社会の勉強の中心に据える教材を登場させるのでなく、各分野の初学時の理解・暗記時期~中学受験の追い込み暗記時期 まで共通して同一暗記用教材を一貫して使い倒すことができる「JYUNETまとめノート教材」を好ましくは小4~小5、そうでなくても小6前半までに活用開始することが、最も適しています。
しかし、このまとめノート教材のうち、志望校の出題傾向が高いため、他のまとめ教材の切り口でも 暗記を補強しておきたい、など暗記の完成度を高めたい場合など、部分的なサブ補強教材として活用するには、他の暗記用教材よりはお勧めします。

【受験研究社 自由自在シリーズ】

〔概要〕
500ページ余りとページ数が多く、高学年用は各科目一冊で中学受験の範囲がカバーされており、昔からの「参考書」としての体裁に近く、書店での露出も高いことから、自宅学習教材を比較検討している方なら、一度は見たことがある教材であろう。(応用自在シリーズと並んで)
〔長所・短所、利用提案〕
多色刷りを多用し、見やすい編集で、内容を網羅しているので、自宅学習で中学受験にチャレンジしようと考える方が購入されるかもしれませんが、これは正直言って、中学受験対策向けではありません。参考書として網羅的に載っていても、結局 どこが受験の出題可能性が高いので、覚えればいいのか、といった現実的な受験対策用のめりはりのある編集がされていないためです。
中学受験は考えていないが、小学校の学習をきちんとするための参考書教材をそろえてあげたい、という非中学受験組には向いているかもしれませんが、中学受験で利用するには、親がこのページ範囲は しっかり憶える、このページ範囲は あまり覚えなくて良い、などの関与が必要になってきます。
(中学受験対策用としては お勧めしません。)

・受験研究社 小学高学年 国語 自由自在:
基礎からできる有名中学入試対策

・受験研究社 小学3・4年 国語 自由自在:
基礎からできる有名中学入試準備

【文英堂 最高水準問題集】

〔概要〕
中学受験の難関校の過去問も含めた問題が含まれており、難関校の受験本番対策としては取り組んでおきたい問題集です。解説も詳しく、問題の選択も適切です。
「頻出」、「難問」、「新傾向」と問題毎に分類されており、志望校の偏差値が55以下の志望校の場合は「頻出」だけを学習すことも現実的、など効率のよい学習ができます。
〔長所・短所、利用提案〕
偏差値が55以上の中学の対策に向いており、その偏差値以下の中学への合格可能性を上げたい場合で、時間も限られている場合は、この問題集に手を出さず、「日能研 メモリーチェック」を確実に全て覚えきる、ことのほうが有効です。
というのも この問題集は、ある分野で 弱い所がないか チェックする、時に難問にも対応できるか、チェックする、という目的にはあっていますが、各分野の各暗記項目を、もれなく網羅的にチェックする、という網羅性には メモリーチェックなどに比べると重きを置いていないため、正答率が高い問題を落とさない、という中堅校の合否に影響する対策には、最も有効とは言えないためです。
メモリーチェックは ほぼ満点、したがって より難易度の高いコアプラスでの暗記度チェックもかなり進んでいるが、こういう一問一答暗記チェックではなく、大問形式の中の各問題(計算問題など)に対応できるか、などのチェックや完成時期に活用すべき問題集です。

・文英堂 (難関中学に合格できる力がつく!)
中学入試 最高水準問題集 国語

【学研 中学入試の最重要問題】

〔概要〕
単元のはじめに、要点のまとめが書かれており、次に要点の確認テストがあり、入試問題が載っており、短い時間で受験対策を意識した勉強がしやすい仕組みになっています。
中学受験に向けて、出題頻度が高く、重要なところを問題を解くことで自分の暗記度をチェックしたい、ウィークポイントを把握して補いたい、そんな人に向いている問題集です。
〔長所・短所、利用提案〕
受験に向けて「問題集の難易度レベルを上げる」ことより、「これまで学習し、暗記した範囲の学習レベルの内容で、確実に点を取りに行く」ことを優先することが合格確率を上げることだと判断した方、また 偏差値50前後以下を志望校とする受験生に向いている問題集です。
偏差値55以上の学校も第一志望としており、日能研のメモリーチェックの後 → コアプラスや最高水準問題集にも進んで見たが、やがて「ここまで専門的な問題が出るか?」となった時、そういう問題は やらない、という懸命な判断も必要な受験生もいると思います。ではその時に、第2志望校、中堅校の受験対策で出題頻度が高い問題をこなして、その学校の合格可能性をあげたい、などという場合の選択肢の1つです。
ただし、問題数がそれほど多くはないので、これだけやれば安心、ではなく 日能研 メモリーチェックはしっかりやったうえで、+αとして取り組むようにしてください。

・学研 中学入試の最重要問題 国語

【学研 丸まる要点ノート】

各単元ごとに、見開き1ページに、赤い暗記用シートがついていてこれで即 暗記チェックができるる「要点まとめ」とチェック問題、入試問題まで入っている暗記用要点ノート+問題集です。一見、表紙や、(失礼ながら)学研のイメージから、難易度が低い内容が浅いのでは、という印象を持つが、受験の最重要ポイントを バランスよく選んで編集されている。
小4~小5の受験勉強を始めようとするお子様が、「分かりやすそうだから、これならやれるかな」と思える問題集である。
〔長所・短所、利用提案〕
分かりやすいバランスの良い編集ではあるが、その分 難易度の高い内容は省かれており、難関校向きではなく、偏差値45~50未満の、中堅校受験を目指す受験生にウィークポイントが無いかをチェックするために適している。
しかり、この見やすく、理解しやすい要点まとめは、こういう分かりやすい見せ方で編集するのが得意な学研ならではの編集であり、評価できる。
「JYUNETまとめノート教材」では、メモリーチェック、コアプラス、予習シリーズ、に加えて この教材もまとめノートの内容にしっかりと織り込んでいる。

・学研 丸まる要点ノート国語 国立・私立中学受験

【日能研 ベストチェック・メモリーチェック】

中学受験の定番中の定番の教材であり、日能研の数多くある教材の中でも最も評価が高いのが、この教材であり、筆者もこの教材での勉強は必須であると考える。
これをやらないことは中学受験対策上、不利、とまで考える。
それくらい定番なのが、この教材。
各分野の要点のまとめを左ページ、チェック問題を右ページとする見開き単位で構成。入試に頻出の要点を確かめながら、チェック問題を時、弱点を把握し、暗記し直せば、受験に向けた暗記の総仕上げができ、これを繰り返すことで 更に効果が増します。
〔長所・短所、利用提案〕
中学受験対策で、理科、社会の暗記ポイントの全般を暗記をチェックするには最も評価の高い教材であるか、これを覚えるための暗記用まとめノートとしては、左ページのまとめだけでは全く貧弱で、内容不足。暗記するために必要な理解を助ける解説記載も不足しているし、各用語のつながり、体系的なまとめもされていない。日能研 メモリーチェックが評価されているのは、あくまでも右ページのチェック問題が、網羅的にポイントを得てまとめられているためである。
では、暗記用まとめノートの役割は、どこに求めればいいかというと、それがまさに 「JYUNETまとめノート教材」であり、この教材は 日能研 メモリーチェックの出題ポイントを完全にカバーし、体系的な暗記教材に盛り込んでいる。
従って、
JYUNETまとめノート教材」にチェックペンを引き
→ チェックシートで暗記
→ 「日能研 メモリーチェック」を解く
→ 間違った問題個所は、「JYUNETまとめノート教材」に要暗記箇所として印をつけ、再度 重点的に暗記し直す、
というのが最も効果的で、得点力がアップする勉強方法
です。
また、暗記ポイントも、メモリーチェックの箇所だけで 十分というわけではなく、その点でも メモリーチェックの問題となっている箇所は頻出の重要ポイントとして 全て 要暗記箇所(チェックペンを引く箇所)としつつも、それ以外の重要ポイントも網羅して、要暗記箇所として明示している「JYUNETまとめノート教材」こそが、最も暗記用教材として優れていると評価される理由です。
なお、「JYUNETまとめノート教材」⇒メモリーチェックの活用、こそ 小学4年生から 行うことができる勉強であり、予習シリーズの4年生版から社会を勉強するようなことがないように(なぜなら、受験では出題されない内容がほとんど)勉強で使用する教材は 考慮が必要です。

・日能研 ベストチェック 国語

【日能研 ウイニングステップ】

メモリーチェックで実績のある日能研が、小4~小6まで学年別に無理なく勉強したい、というニーズに対応した問題集で、支持が高い。
また、過去の入試問題を分析し、実際の入試問題を難易度・分野別に再構成してあり、その時の自分の理解度に応じて、取り組む問題の難易度を選べ、実力が伸ばす効果的な活用ができる。また各分野・レベル・分野ごとに、問題を解くヒントや解説のついた例題があるので理解が進みやすい。
〔長所・短所、利用提案〕
小4から 無理なく、確実に問題集をやらせたい、という早期スタートして自宅学習で受験に対策する受験生には向いていますが、その分野を効率よく、一気通貫で問題練習して、中学受験対策を最短距離で突き進みたい、という受験生には、この学年別の編集が逆にネックになる。そういう思いの人は 日能研 メモリーチェックで勉強し → サピックス コアプラス に進む方がおすすめである。

・日能研 ウイニングステップ 小学5年 国語

【文英堂 塾で教える~】

例えば数学編などで見られるように、難問でもしっかりと解説をしている点で丁寧な教材とも言えます。中学受験の専門塾でしか教えないような、問題を解くテクニックが多く載っています。
〔長所・短所、利用提案〕
しかし、日能研、サピックス、早稲田アカデミーの通塾生の多くは、正直こう感じると思います。「ずいぶん マニアックなテクニックや、テクニック集にこだわるあまり、問題や教材のテーマが 周辺により過ぎており、王道の内容ではないな...。いったい どこの塾が教える内容だというんだろう...。うちの塾では、無いな..」
ある意味 本当に「塾で教える」内容 そのままの教材は、四谷大塚の予習シリーズであり、その王道の範囲を 塾でも教えないレベルで 暗記ノウハウをまとめ上げているのが「JYUNETまとめノート教材」である。そんな中、「文英堂 塾で教える~」のこの教材は 「予習シリーズ」との違いを打ち出し、「おお!こんなテクニックが載っているなら買ったほうが良さそうだ」と思わせ、購入させるところまでに主眼を置いており、一体 どこまでの受験生がこれをやり切っているか、あるいは やり切って実力が伸びたと実感を持てた受験生がいるのか、いささか疑問である。
とても中学受験では出題されないような特異な問題も載っており、利用するにしても、相当問題を取捨選択して解く必要があります。

・文英堂 塾で教える国語

 

各リンクメニュークリックして、詳しい情報をGET

中学受験TOPページ: 塾代100~150万円削減!→偏差値大幅アップの中学受験 最強暗記教材紹介

中学受験 社会の最強の暗記法・覚え方! 偏差値 10~20大幅アップを実現する 最強勉強方法 大公開

中学受験 理科の最強の暗記法・覚え方!偏差値 10~20大幅アップを実現する 最強勉強方法 大公開

中学受験 社会で おすすめ教材(参考書・問題集・一問一答)

中学受験 理科で おすすめ教材(参考書・問題集・一問一答)

中学受験 社会  動画授業・動画配信・動画アプリ教材

中学受験 理科  動画授業・動画配信・動画アプリ教材

中学受験 塾選び・塾比較 【徹底ガイド】

① 中学受験 塾費用・塾代 比較

② 中学受験 塾 東京都の徹底比較、間違えない塾選び

→ 中学受験塾 SAPIX(サピックス)の評判、長所・短所

→ 中学受験塾 日能研 の評判、長所・短所

③ 中学受験 塾 関西の徹底比較、間違えない塾選び

→ 中学受験塾 浜学園 の評判、長所・短所